【#弁理士】<2018年受験の方向け>願書のインターネット請求がスタートしました&短答実戦答練

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校<和田>でございます。

2月よりいよいよ今年の弁理士試験の願書請求が開始されました。
私は数年前までは特許庁に直接取りに行っていたのですが、ここ最近はインターネット請求です。
住所、氏名など、印字してくれる点も便利です。
3年前にインターネット請求にしたら、短答が受かりました。
「ジンクスを持たないことがジンクスだ」という名言もありますが、
私の場合、最近は「使えるジンクスはとことん使う、使えないものは使わない」というご都合主義でいっています。

弁理士試験願書のインターネット資料請求は、特許庁のホームページからどうぞ。
特許庁から願書が発送されるのは3月になってからのようです。


現在受講中の「短答REVOLUTION」と「選択科目民法対策講座」、一通り聞き終えました。
問題演習がこれからの勉強のメインメニューになってきます。
「短答基礎力完成講座」もそろそろ終わり、多くの短答受験生の方も「短答実戦答練」にとりかかる頃だと思います。

私が3年前短答実戦答練を受けていた時、留意していた点をここでお伝えします。
今年もこれをやっていきます。
・復習をやりすぎない。
答練の解説冊子、テキスト1冊分の分量があります。
真面目にやろうとすると、他の勉強(過去問の演習、論文がある方は論文の勉強など)に影響します。
答練・模試といえども、中にはマニアックな問題もあるはずです。
宮口先生の「書かない勇気」ではないですが、そういった問題は「復習しない勇気」も必要ではないかと思います。
・正答率を気にする。
MyページのScore Onlineにて、全体の成績表が出ますが、同時に各設問ごとの正答率が出ます。
これを気にしました。
具体的には「正答率が高い問題を間違えたら復習優先」「正答率が低い問題は後回し」です。
・間違えた肢別に、「なぜ間違えたか」箇条書きする。
短答で間違える原因はいくつかあると思うのですが、
なぜ間違えたのか分析し、題意把握のミスが多いのか、知らないことが多いのか、ケアレスミスが多いのか、
自身の傾向を掴むために、短答の答練・模試を活用しました。
ちなみに・・・3年前、本試験でもケアレスミスは直りませんでした。
その年の解答速報会で、宮口先生が「これを間違えた人、悔い改めて下さい!」とおっしゃったサービス問題もです。


短答試験、1点でも多く取って合格したい!という方!
2/10(土)よりスタートする、「馬場信幸の短答これだけゼミ」、まだまだお申込受け付けております。
暗記が苦手な方、横断的学習により暗記の負担を軽減し、「帰れません補講」をはじめとする演習で、短答合格を掴みましょう!
私も、「短答解法習得講座」を通じて、短答の四法はほぼ馬場先生の勉強方法で突破しました。

通信Webで短答直前対策をやりたい方、
「宮口聡の短答ゴロテクコンプリートプラス」が発売開始となりました!
教材発送、講義配信は3月からですが、短答実戦答練を通じて知識の定着に不安がある方にオススメです。
3年前、私も判例のゴロ合わせで2点いただきました。
チラシにある「ハグし熊取り悔い消滅!」、私も分かりません・・・新作!?
「半歩進んだアニエフドロスチ」だったら分かります。一昨日勉強しました。


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ
スポンサーサイト
プロフィール

LEC新宿エルタワー本校

Author:LEC新宿エルタワー本校
LEC新宿エルタワー本校

〒163-1518
新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー(受付18階)

JR線新宿駅西口より徒歩3分。
西口地下街を直進(右手に小田急エース北館)、つきあたり(スバルビル)を右に曲がる。エスカレーターで2階エレベータホールへ。
B12-21エレベーターを利用。
TEL:03-5325-6001

200_100_公式バナー

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索フォーム
リンク
ブログアクセス数
QRコード
QR