【#弁理士】今年の論文本試験の反省・その1:必須科目編

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校<和田>でございます。

さる9月27日(水)、論文本試験の合格発表がございました。
合格された229名の皆様、おめでとうございます。
口述試験まであと約1週間、頑張ってください。

「・・・あれ、和田も論文受けているんじゃ?」とつっこもうと思った方、いつもご愛読ありがとうございます。
私、今年の論文本試験、不合格に終わりました。
27日の発表の時点ではかなりしょんぼりしていたのですが、10月3日(火)、私の自宅に成績通知がやってきました。
仕事から帰り、郵便受けにて徐に封筒をつかむ私。「あれ、なんか分厚くない?去年と違うぞ・・・」
家に入って、取るものもとりあえず封筒を開けると・・・

必須「は」受かっていました。選択(民法)が落ちていました。

今回、私の必須科目について反省会を当ブログにて行いたいと思います。
選択科目に関しては反省点がかなりありますので、またあらためてお伝えします。
必須全科目書きますので、長いですが、参考にしていただけたらありがたいです。

【特許法・実用新案法】
合格基準点をわずかに下回っていました。
原因は問題Ⅰです。私も苦戦しました。
最初、いきなり国際段階、私も現場でびっくりしましたが、「困ったら割り切って条文引き写し!」と思い、
PCT11条と14条あたりを記載していきました。
ただ、補正は19条補正しか挙げず、(3)の国内移行の段階でも特184の7第1項を落としていました。
「外国語書面出願の趣旨」、書けた方も多かったかと思いますが、私はここが不十分でした。
主なポイントが2つありますが、そのうち1つしか書けなかったのはマイナスだったと思います。
「項目落ちは罪ではない」ですが、問題Ⅰはちょっと項目落ちすぎな気がします。

Ⅱですが、正直、Ⅰより簡単に思いました。
差がつかないから皆様できているのでは、と思ったのですが、
受験生の皆様や先生方でも話題になった裁定通常実施権、全部拾えたのはプラスだったかなと思います。
問題Ⅱに入った時点で「時間がない!」と思っていたのですが、
そこで焦らず、却って集中力が増しました。

毎度のことですが、特実は本当に時間がありませんでした。
今思えば問題Ⅱからちゃっちゃと答案構成すれば、余裕を持って問題Ⅰに取組めたのではないかと思います。
ただ、答練で問題Ⅱからやるシミュレーションはしたことがありませんでしたし、
試験当日に慣れない作戦をいきなりやると混乱しますね。

【意匠法】
昨年の意匠足きり事件のトラウマから、いちばん心配だった意匠法。合格点にいっていました。
問題Ⅰ(1)の「物品」について、「ゆてしとこ」ではなく審査基準の記載を元ネタに記載しましたが、それでもよかったようです。
(2)の画面デザイン、こちらは不十分な気がします。
全く間違ったことは書いていないと思いますが、もっと書けている方はいるはずだと思います。

私が一番「やっちまったなぁ」と思った、問題Ⅱの反論について。
「受注」これを「先使用」としないと決めつけ、29条は反論として否定し、趣旨も書きませんでした。
その分29条の2は自分なりにきっちりあてはめ、趣旨も厚めに書きましたが、
合格した方は、場合分けして29条も29条の2もしっかり書いた方が多い気がします。

あとは「包装用かご事件」。
らしきことを書きましたが、現場ではこの判例を意識していませんでした。
むしろ特許の「ウォーキングビーム炉事件」を流用してしまえ、という暴挙に走りました。
今回たまたま2つの判例の判旨が類似しているので事なきを得ましたが、こういう暴挙はやめた方がいいですね。
かつて私は、商標の答練で「フレッドペリー事件」を書くべきところ、再現できず、
仕方がないから「BBS事件」の消尽論を書いて、添削にて痛烈にダメ出しされたことがあります。

※「ゆてしとこ」が分からない方、「宮口聡の短答ゴロテク道場」や「宮口聡の論文ヤマゴロ講座」を受講すると分かるかも!?

【商標法】
こちらも合格点にいっていました。
問題Ⅰの異議申し立てと無効審判の相違点ですが、趣旨と請求の要件(主体、理由、時期、手続・・・)止まりでした。
試験後の模範答案では、それ以外の相違点もありましたので、
この点書いてきた方は差をつけていたのではと思います。

問題Ⅱですが、最後以外は無難だったと思います。
問題は最後。判例ですが、現場で思いつかず。
除斥期間(47条1項)もあるし、無効にできないなぁ・・・でも無効にしたいなぁ・・・
そこで私がやった暴挙。
「不正競争の目的」(47条1項かっこ書き)
これがどれだけ響くか不安で不安で仕方ありませんでした。

当初の私の予想は、特実は合格点、意匠・商標で足きりアウトでしたので、
ほぼ真逆の結果でびっくりしました。

それでは、平均何点で受かったのか?それはご来校時にお聞きくだされば、正直にお話しします。

というわけで、来年私が弁理士試験を受験する場合・・・
5月:短答試験・・・受験しなければなりません。前回私が合格したのは2015年。つまり免除が切れました。
7月:論文試験・・・必須は免除です。選択は受験します。もちろん短答が合格したらの話です。

ということになります。なんというグダグダな展開・・・

次回、当該グダグダの元凶、選択科目民法について反省したいと思います。



新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ
スポンサーサイト
プロフィール

LEC新宿エルタワー本校

Author:LEC新宿エルタワー本校
LEC新宿エルタワー本校

〒163-1518
新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー(受付18階)

JR線新宿駅西口より徒歩3分。
西口地下街を直進(右手に小田急エース北館)、つきあたり(スバルビル)を右に曲がる。エスカレーターで2階エレベータホールへ。
B12-21エレベーターを利用。
TEL:03-5325-6001

200_100_公式バナー

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索フォーム
リンク
ブログアクセス数
QRコード
QR