【#弁理士】選択科目との付き合い方・民法編その2

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校<和田>でございます。

前回に引き続き、弁理士論文試験選択科目民法についてのお話です。
今回は「本試験後の反省」と「来年合格に向けての勉強方法」についてお話しします。

【本試験後の反省】
前回も少し書きましたが、過去問に本格的に取り組むのが遅すぎました。
論証集の最初の復習をした後、過去問を自分で答案構成してみる時間とするべきでした。
答練が出るまでは、過去問を繰り返し解くことと、レジュメを繰り返し読むことで十分、かつ効率的だったのでは、と思います。
本来過去問をやるべき時期に、いきなり司法試験対策の民法の問題集をやっていましたが、
今考えるとこれはひょっとして遠回りだったのではないかと反省しています。

【来年合格に向けての勉強方法】
私は今年の試験、短答が免除でしたが、
今回は短答も受験する方に向けた勉強の計画・勉強メニューの順番を話します。

1.まずは民法の講義を聴く
 司法試験、司法書士など、他の資格試験のものではなく、「弁理士試験の選択科目対策」の講義がベストです。
 先生は「資格試験の合格に向けて」講義をしていきます。
 ですので、他の資格試験の講義ですと、方向性がズレます。
 LECの「選択科目民法対策講座」は、過去問の解説までしますので、まずはそこまで一通り聞いてみます。
 その後の復習が大事ですので、ここは早ければ早いに越したことはありません。

2.講義を聞いた後の復習
 宮口クラスの皆様なら、私のようにラインマーカーで宮レジ化するのもいいと思います。
 復習の手厚さですが、同じ民法でも学習分野、条文によって軽重がかなり異なります。
 民法の学習範囲は広いですが、その中でも「論文で根拠条文として求められる、とても重要な条文」「理解する、条文がどこらへんにあるか類推できるレベルでいい条文」「触れる価値もない条文」とで顕著な差があります。
 繰り返し復習する、具体的にはレジュメを何度も読み返す等で、その差が見えてくると思います。

 巷で売られている民法の学術書、書籍がありますが、
 講座を受講しているなら弁理士試験対策には必要ではないと思います。
 そこまで手を回すくらいなら、短答対策をやって下さい。

3.過去問の徹底理解
 2.の復習がひとまわり終わったら、2周目と同時並行で過去問に当たった方がいいと思います。
 LECの過去問(講座内のテキストにあります)は、充実した模範解答(こんなの時間内に書けない&書く必要がないレベル)があります。
 過去の問題を30分ほど答案構成した後、自分が答案構成したものと模範解答とを照らし合わせ、
 「考え過ぎな部分、自分が落とした部分はどこか」→「なぜ自分はそう考えたのか」→「どう修正すべきか」まで
 検証していきます。
 (私はこれを、直前3週間に急いで繰り返しやりました)
 模範解答で「これは本試験で使える!」というフレーズや文章展開があれば、
 まるっと答練や本試験で盗んでしまうというのも手です。
 私はやりました(笑)。

 最初のうちは、何を書いていいのか思いつかないと思います。私も今年3月くらいまでそうでした。
 その場合は、問題になっている人間関係などを図に書いてみましょう。最初はそれが正確にできればOKだと思います。
 その後、模範答案とご自身の書いた図を照らし合わせ、どこからどの模範答案の記載が導き出せるのか、
 問題の図示→答案の骨格(これが答案構成)→答案と変化させていく過程を理解するのが重要です。
 次回また同じ問題をやった時に、答案の構成が以前より少しでも自身で導きだせるようになれればいいのです。
 
 また、論証集があると思いますので、本試験に出てきた論点に「H27」「H26」などと印をつけると、
 直前で何を勉強するのか、という絞り込みもできると思います。

 論証集、過去問の模範答案、先生の講義などで出てきた、論文で使える端的な表現が増えると、
 民法の論文試験で何を書いたらいいか、見えてくるのではないかと思います。
 私がこう思ったのは、選択の本試験1週間弱前でした。遅すぎ。

 ここまでできないうちは、学術書、判例集はもちろんのこと、市販の論文又は短答の問題集も不要だと思います。
 短答対策、論文対策も万全で、民法も過去問までやりきったと言える方なら、止めません。

ここまでを、今年いっぱいにはやっておきたいです。
来年になると、論文の答練、短答対策に時間を多く割く必要があります。

4.その後の復習、答練など

 ・前述の過去問の答案構成→模範答案との照らし合わせ
 ・論証集を読みまわす、理解できないときは条文、基本のテキストに立ち返る

 年が明け、上記3.までできているなら、基本はこの2つでいいのでは、と考えています。
 「この日、この時間は民法をやる」と計画して、時間を確保しておくといいでしょう。
 この時期になると、論文も短答も答練が始まります。
 短答と論文必須の過去問にもあたっていく必要があります。
 民法に割ける時間は、年明けあたりから相対的に少なくなっていくと思う方がいいでしょう。

 条文についてですが、短答のある特許法などと異なり、すべてを一言一句正確に覚える必要はないでしょう。
 試験範囲内でも、あまり触れなくていい条文もあるくらいです。
 重要な条文について正しく理解(暗記まではしなくていいと思います)し、
 「この話についてだいたい何条くらいある」という当たりがつくようになると、
 実際に論文試験で根拠条文を書き記すときに楽になります。
 民法の論文試験も、条文の記載は大事です。

 もしこの時点で余裕があれば、司法試験・予備試験の短答問題を「少し」解いたり覗いたりするのも手です。
 頻出の条文、論証で必要な条文について聞いてくる短答の問題なら、「なぜこの肢は×なのか」等考えるのは、
 かなり有益だと思います。
 ちなみに私は、そこまで手が回りませんでした。
 ただ、網羅的に解きまくってはいけません。時間の無駄です。

 答練についてですが、確かに良問揃いで今年の私は非常に助かったのですが、
 発売時期によっては、論文必須後でもいいのではないかと思います。
 むしろ、そんな時間はありません。
 3月下旬に出てきたとしても、短答対策を優先させたいところです。
 もし2月頃に発売され、少し余裕があるのならばお勧めします。


ここまでを、遅くとも3月までにはやって下さい!!
4月から7月第1日曜日まで、皆様に民法を勉強する時間はありません!!

そして必須が終わった後の3週間は、その前にやっていたことを今一度思い出すことで十分&それしかできないと思います。
3週間で新しいことをやるのは酷に過ぎます。

民法について、ご不明な点がある際には、和田がいる時間で新宿エルタワー本校でご相談承ります。
このブログの話も踏まえて、ちゃんと伝わるようにお話しできればと思います。
できれば、日時をあらかじめご予約いただくと助かります。


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001
スポンサーサイト
プロフィール

LEC新宿エルタワー本校

Author:LEC新宿エルタワー本校
LEC新宿エルタワー本校

〒163-1518
新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー(受付18階)

JR線新宿駅西口より徒歩3分。
西口地下街を直進(右手に小田急エース北館)、つきあたり(スバルビル)を右に曲がる。エスカレーターで2階エレベータホールへ。
B12-21エレベーターを利用。
TEL:03-5325-6001

200_100_公式バナー

カテゴリ
Twitter
最新記事
検索フォーム
リンク
ブログアクセス数
QRコード
QR