【#弁理士】新年への決起集会&合格者との交流もできる「宮口組新年会」実施します!2次会の詳細もあります!

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校<和田>でございます。

6月に開催しました<大宮口祭り>に続き、平成二十九年最初の土曜に宮口組新年会を開催します!!

宮口組新年会

<参加対象の方>
・2017年合格目標宮口クラスの皆様
 (通学・通信は問いません)
・過去に宮口先生の講義を受講していた皆様
 (もちろんこちらも通学・通信は問いません)
・宮口先生の講義を聞いて合格されたOB・OGの方
 (くどいですが、通学・通信は問いません)


【交流会(一次会)】
<日時> 2017年1月7日(土) 19:15~21:00
18:45開場(クロークの混雑が予想されますので、お早めにお越しください。)
<場所> LEC新宿エルタワー本校(新宿エルタワー18階)1810教室
<金額> 1000円
<参加申込/キャンセル締切> 2017年1月6日(金)

【二次会】
<日時> 同日21:30〜23:30
<場所> 東京魚河岸バル吉今新宿西口本店
http://s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13161163/
<金額> 4000円程度
<参加申込/キャンセル締切> 12月25日(日)
<参加可能人数>先着50名
会費につきましては、一次会は一次会受付にて、二次会は二次会会場にて
開宴前に頂戴致しますので、ご協力宜しくお願い致します。

尚、誠に勝手ではございますが、予約等の関係上、それぞれ上記期日を
締切日とさせて頂き、それ以降のご参加/キャンセルのご連絡は極力ご遠慮下さいますよう、
また、できるだけお早めにご連絡下さいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。



新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001
スポンサーサイト

【#弁理士】口述試験の練習・対策を宮口講師と!宮口聡の「特訓」&「ゴロテク」道場

論文合格発表まであと20日余り。
論文試験後の口述直前対策として、今年も宮口講師が、新宿エルタワー本校にて
「口述ゴロテク道場」「口述特訓道場」で最終合格を全力サポートします!

宮口聡の口述ゴロテク道場
第1回:10/1(土)18:00~21:00
第2回:10/9(日)18:00~21:00
受講料:20,000円(税込)MA16569

ゴロテクで口述瞬発力を養成!
短答対策・論文対策と好評を博した宮口講師のあの『ゴロテクシリーズ』の口述試験対策ヴァージョンが登場!
口述試験対策としては他に類を見ない重要条文等を語呂合わせで記憶するという手法を使い、条文のひらめき力、つまり、口頭試問での瞬発力を養成します。これまでにない緊張感に襲われた中でもこの最終兵器があなたのピンチを救うこと請け合いです。


口述特訓道場
10/10(月・祝)19:00~22:00
受講料:13、000円(税込)MA16561

LEC人気講師が、最終合格に向けてあなたを鍛えます!
この道場では、口頭での質問形式で講義を展開します。
聞くだけのインプット型講義とはまったく異なり、「質問を受けて、即座に口頭で答える」という口述試験特有の口頭試問形式に慣れることができます。
もちろん、知識の最終確認・補充にも最適です。
この道場で、口述試験を勝ち抜くための『即答力』を身につけて下さい!


口述試験直前対策の講座・道場は、多くがオンライン限定でのお申込となっておりますが、
上記の宮口道場は、店頭でもご案内しております!
また、新宿エルタワー本校には、セルフ受付端末がございます。
スタッフの案内の下、口述模試の予約などもできますよ。
論文合格発表後、定員になる前に、宮口先生・安西先生へのご報告もかねて、
9月28日は新宿エルタワー本校にぜひお越し下さい!


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】秋から論文完全合格を目指す「論文上級答練ベースアップPLUS」

tit_plus_201609031540166d7.gif
ハイレベルな答練群が、あなたの論文力をベースアップする!

cur_ronbun_jyoukyu.gif
(画像をクリックすると、pdfでデータが表示されます。)

◆徹底論文シフトの学習カリキュラム!まさに上級者向けコース
まず『論文上級答練』では、高精度の予想問題と毎回必ず含まれる「本試験未出論点又は判例」により、年内から総合的な論文思考力を磨き上げます。その後、『論文実戦答練』で本試験レベルの問題に取り組み、『論文完成答練』で本試験同様に一日で4枚の答案を書き上げる体力を身につけます。これらレベルの高い答練を継続して受講することが、論文本試験への最良のペースメーカーとなり、かつ、論述力を完全合格領域へ確実に押し上げる原動力となります。
さらに!本コースでは、論文得点力を確実に押し上げるためのオプショナル講座をご用意しています。詳しくは以下ご案内をご覧ください!

「論文上級答練」の問題・解説のサンプルはこちらをご覧下さい。

※論文上級答練のスケジュールはこちら

※論文実戦答練のスケジュールはこちら

※論文完成答練のスケジュールはこちら

◆論文得点力ベースアップ講座[審査基準編][高難度論点編]
論文の必須知識のうち、特に手のかかる2つをピックアップ!
分析やまとめる手間はLECに任せて、論文得点力をベースアップ!
img_plusshinsakijun.gif
img_plusronten.gif
※論文得点力ベースアップ講座[審査基準編][高難度論点編]の実施スケジュールはこちらをご覧下さい。



新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#知財検定】知的財産管理技能検定2級・3級対策、弁理士で実績の高いLECの講座が合格に導きます!

数年前に、民間検定から国家検定となった「知的財産管理技能検定」。
3級対策・2級対策の通信講座を、LECでご案内しております!
新宿エルタワー本校で弁理士試験対策「LゼミSpecial」「論文レベルアップゼミ」などを担当し、
宮口クラスのチューターでもある安西講師が講義を担当します。
「知的財産の世界に触れてみたい!」「どうせ勉強するなら検定に合格し、成果を形にしたい!」という
学生、ビジネスマンの皆様のニーズにお応えします!

【知的財産管理技能検定とは?】
知財検定_1
知的財産管理技能検定は、数多くの企業・学校等の教育機関から、ビジネスに有用なスキルとして、活用・推奨されています。
例えば…
・企業のコンプライアンス遵守のための社内教育として
・社会人が持つべき最低限スキルの一つとして
・知財実務のスキルアップや知財マインド向上のため
このようなニーズの高まりを受け、「知的財産管理技能検定」は知的財産分野の知識を証明する国家検定として、注目を集めています。
この検定を人事考査などで採用されている企業様も増えております。

試験は毎年3月、7月、11月に実施されており、
直近の試験である11月6日(日)の試験の願書提出期限は9月29日(木)です。
※くわしくは知的財産教育協会のホームページをご覧下さい。

【LECの知的財産管理技能検定対策講座とは?】
知財検定_2
11月試験に向け、LECでは知的財産管理技能検定3級・2級対策講座を通信講座でご案内しております。
それぞれ、使用教材として「知的財産管理技能検定3級公式テキスト(改定8版)」又は「知的財産管理技能検定2級公式テキスト(改定7版)」を使用いたします。LECでは取り扱っておりませんので、最寄の書店などでお買い求め下さい。

安西先生
安西 悠 LEC専任講師
東京大学大学院総合文化研究科修了。
2012年度弁理士試験合格。
現在、秀和特許事務所アソシエイツ弁理士として実務に従事する傍ら、LECにて弁理士論文試験対策のゼミを担当。
安西先生は弁理士試験合格後、新宿エルタワー本校で宮口先生とタッグを組み、弁理士試験対策講座・ゼミなどでも指導をしております。2級対策講座では安西先生のオリジナルレジュメを作成し、知的財産権に初めて触れる方へ丁寧に解説していきます。

知的財産管理技能検定試験について、LECの講座についてのご質問、LEC新宿エルタワー本校で承ります。
お気軽にご相談下さい!


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】「論文レベルアップゼミ」説明会を8/27(土)に実施します!

9月から始めて、年内に論文合格へのベースを作り上げる「論文レベルアップゼミ」、いよいよスタートします!
宮口先生のもとで合格し、現在は宮口先生とタッグを組む
安西 悠 LEC専任講師が講義を担当します!
安西悠の論文レベルアップゼミ表
※画像をクリックすると、LEC弁理士の「論文レベルアップゼミ」ページに移動します。

【論文レベルアップゼミの特徴・講師メッセージ】
論文試験とは、例えれば、引き出しから目的のものをいかに素早く取り出せるかという試験です。問題文を読んで必要な「型」を瞬時に判断し、骨格となる答案構成を確実なものとした上で、正確な表現で答案を作成する必要があります。従って、まずは必要な「型」を整理した状態で理解しておかなければなりません。
次に、答案においては、論文試験ならではの「約束事・作法」があります。「こう問われたらこう書く」、「これを書くときにはここまで書く」といった「約束事・作法」です。答案に書くべきことは決まっており、手当たり次第に書けばよいというものではありません。
知識はあるのに点数が伸びない受験生の多くは、この「型」「約束事・作法」が身についていません。それどころか、これらを無視した「悪いクセ」身についているのです。
本ゼミでは、「悪いクセ」をなくし、合格に繋がる「正しいクセ」を定着させます。

安西悠の論文レベルアップゼミ裏
※画像をクリックすると、LEC弁理士の「論文レベルアップゼミ」ページに移動します。

【対象となる方】宮口クラス入門講座を現在受講している方・又は過去に受講していた方
※過去に宮口クラスで勉強していた方も大歓迎です!論文の基礎をいちから作り直したい方、ぜひご検討下さい。
【受講料】(MA17490)78,000円(税込)
※GOGOポイント及び一切の割引がご利用いただけません。予めご了承下さい。
【使用教材】「論文基礎力完成講座」教材、安西講師オリジナルレジュメ
※ゼミの各回で、レジュメをお配りします。意匠の類否判断を完全理解するレジュメは必見!
【定員】25名
※定員になり次第、受付終了といたします。
【添削】すべて安西講師が担当します!
添削済み答案は、次々回の講義時に返却いたします。


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】今年は「攻めます」。宮口聡の『網羅と簡潔』2つの視点で読み解く論文過去問15年分

「宮口先生の論文過去問講座」といえば、過去に販売しておりました「超守り」で有名ですが…
今年は「攻めます」。
2017宮口論文過去問
過去15年の論文本試験過去問を題材に、2種類の答案(「簡潔答案」と「網羅答案」)を示します。
すなわち、必要最低限の記載量で合格点(A)を取るために仕上げた「簡潔答案」と、流れ・バランス・記載量を充実させたブッチギリの合格点(AAA)を取るための「網羅答案」を示し、その答案の際を分析・理解することで、出題者の意図・すなわち題意を把握し、論点ごとの配点を見抜ける目を養成!来年度論文試験合格を目指します!

1.「簡潔答案」の必要性
特許・実用新案法は、2時間で2問の答案を記載しなければならない。だから時間がない…。では、どうすればいいのか?
そこで必要となるのが、書きたい気持ちを抑えつつ、余計なことは書かない「潔さ」です。それを体現したのが「簡潔答案」です。この「簡潔答案」により、必要最小限の記載量で合格点(A)を取るためのコツを伝授します!

2.「網羅答案」の必要性
上記「簡潔答案」に加え、流れ・バランスを意識しつつ、深みを出している「網羅答案」を示します。この「網羅答案」と通じて、答案の記載量を膨らませるテクニックを学び、ブッチギリの合格点(AAA)を取るためのコツを掴んでください!

【受講価格】70,000円(税込)MB17372
※本講座には、GOGOポイント及び一切の割引は使用できません。予めご了承下さい。

平成14年度~平成16年度の本試験について、7月28日(木)から配信開始します。
この夏から秋にかけて論文の過去問を一通り学習したい方にピッタリのスケジュールです。

宮口先生によるプロモーション動画です!ぜひご覧下さい。



新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】選択科目との付き合い方・応用情報処理技術者編

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校<和田>でございます。

前のブログで、選択科目民法について書かせていただきましたが、
こちらでは論文選択科目を「応用情報処理技術者試験の合格」で免除を検討されている方向けです。

新宿エルタワー本校でも「短答解法修得講座」「Lゼミ」などで活躍する、馬場信幸先生。
baba.jpg
馬場先生のブログで、先日応用情報処理技術者試験について、試験情報、勉強のスケジュールについて、かなり詳細に記載されております。
今から秋の試験合格を狙うのであれば、ぜひご覧いただきたいです。
来年の選択免除を考えている段階&まだ民法の対策をほとんどやっていない方であれば、
こちらを秋に一気にとってしまうのも手だと思います。
民法の対策を既に進めている方、又は応用情報処理技術者の試験範囲に苦手意識がある方は、
民法で受験する方がむしろ合格の近道かもしれません。
先のブログでも書いたとおり、弁理士の民法は、
司法試験や司法書士試験のような難しさ・細かさは要求されていないと思います。

ただし、気をつけていただきたい点がいくつかあります。
・試験の願書配布は8月8日(月)まで、出願の締切は8月19日(金)まで
・試験日は10月16日(日)、今から2ヶ月しかない
・数学の問題から経営学のような内容まで幅広く、弁理士試験とはまるで毛色が違う
・秋と春に試験があるが、来年春の試験では来年の弁理士試験の免除に間にあわない

これらの点を考慮して、選択のある方は、受験するのか免除資格を狙うのか判断していただければと思います。

今週土曜から始まります、馬場先生の短答論文レバレッジゼミ
開講までまだまだ受講を受け付けております。
短答・論文いずれにも通じる「弁理士試験対策」の基礎固めに、ぜひご利用下さい!




新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】選択科目との付き合い方・民法編その2

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校<和田>でございます。

前回に引き続き、弁理士論文試験選択科目民法についてのお話です。
今回は「本試験後の反省」と「来年合格に向けての勉強方法」についてお話しします。

【本試験後の反省】
前回も少し書きましたが、過去問に本格的に取り組むのが遅すぎました。
論証集の最初の復習をした後、過去問を自分で答案構成してみる時間とするべきでした。
答練が出るまでは、過去問を繰り返し解くことと、レジュメを繰り返し読むことで十分、かつ効率的だったのでは、と思います。
本来過去問をやるべき時期に、いきなり司法試験対策の民法の問題集をやっていましたが、
今考えるとこれはひょっとして遠回りだったのではないかと反省しています。

【来年合格に向けての勉強方法】
私は今年の試験、短答が免除でしたが、
今回は短答も受験する方に向けた勉強の計画・勉強メニューの順番を話します。

1.まずは民法の講義を聴く
 司法試験、司法書士など、他の資格試験のものではなく、「弁理士試験の選択科目対策」の講義がベストです。
 先生は「資格試験の合格に向けて」講義をしていきます。
 ですので、他の資格試験の講義ですと、方向性がズレます。
 LECの「選択科目民法対策講座」は、過去問の解説までしますので、まずはそこまで一通り聞いてみます。
 その後の復習が大事ですので、ここは早ければ早いに越したことはありません。

2.講義を聞いた後の復習
 宮口クラスの皆様なら、私のようにラインマーカーで宮レジ化するのもいいと思います。
 復習の手厚さですが、同じ民法でも学習分野、条文によって軽重がかなり異なります。
 民法の学習範囲は広いですが、その中でも「論文で根拠条文として求められる、とても重要な条文」「理解する、条文がどこらへんにあるか類推できるレベルでいい条文」「触れる価値もない条文」とで顕著な差があります。
 繰り返し復習する、具体的にはレジュメを何度も読み返す等で、その差が見えてくると思います。

 巷で売られている民法の学術書、書籍がありますが、
 講座を受講しているなら弁理士試験対策には必要ではないと思います。
 そこまで手を回すくらいなら、短答対策をやって下さい。

3.過去問の徹底理解
 2.の復習がひとまわり終わったら、2周目と同時並行で過去問に当たった方がいいと思います。
 LECの過去問(講座内のテキストにあります)は、充実した模範解答(こんなの時間内に書けない&書く必要がないレベル)があります。
 過去の問題を30分ほど答案構成した後、自分が答案構成したものと模範解答とを照らし合わせ、
 「考え過ぎな部分、自分が落とした部分はどこか」→「なぜ自分はそう考えたのか」→「どう修正すべきか」まで
 検証していきます。
 (私はこれを、直前3週間に急いで繰り返しやりました)
 模範解答で「これは本試験で使える!」というフレーズや文章展開があれば、
 まるっと答練や本試験で盗んでしまうというのも手です。
 私はやりました(笑)。

 最初のうちは、何を書いていいのか思いつかないと思います。私も今年3月くらいまでそうでした。
 その場合は、問題になっている人間関係などを図に書いてみましょう。最初はそれが正確にできればOKだと思います。
 その後、模範答案とご自身の書いた図を照らし合わせ、どこからどの模範答案の記載が導き出せるのか、
 問題の図示→答案の骨格(これが答案構成)→答案と変化させていく過程を理解するのが重要です。
 次回また同じ問題をやった時に、答案の構成が以前より少しでも自身で導きだせるようになれればいいのです。
 
 また、論証集があると思いますので、本試験に出てきた論点に「H27」「H26」などと印をつけると、
 直前で何を勉強するのか、という絞り込みもできると思います。

 論証集、過去問の模範答案、先生の講義などで出てきた、論文で使える端的な表現が増えると、
 民法の論文試験で何を書いたらいいか、見えてくるのではないかと思います。
 私がこう思ったのは、選択の本試験1週間弱前でした。遅すぎ。

 ここまでできないうちは、学術書、判例集はもちろんのこと、市販の論文又は短答の問題集も不要だと思います。
 短答対策、論文対策も万全で、民法も過去問までやりきったと言える方なら、止めません。

ここまでを、今年いっぱいにはやっておきたいです。
来年になると、論文の答練、短答対策に時間を多く割く必要があります。

4.その後の復習、答練など

 ・前述の過去問の答案構成→模範答案との照らし合わせ
 ・論証集を読みまわす、理解できないときは条文、基本のテキストに立ち返る

 年が明け、上記3.までできているなら、基本はこの2つでいいのでは、と考えています。
 「この日、この時間は民法をやる」と計画して、時間を確保しておくといいでしょう。
 この時期になると、論文も短答も答練が始まります。
 短答と論文必須の過去問にもあたっていく必要があります。
 民法に割ける時間は、年明けあたりから相対的に少なくなっていくと思う方がいいでしょう。

 条文についてですが、短答のある特許法などと異なり、すべてを一言一句正確に覚える必要はないでしょう。
 試験範囲内でも、あまり触れなくていい条文もあるくらいです。
 重要な条文について正しく理解(暗記まではしなくていいと思います)し、
 「この話についてだいたい何条くらいある」という当たりがつくようになると、
 実際に論文試験で根拠条文を書き記すときに楽になります。
 民法の論文試験も、条文の記載は大事です。

 もしこの時点で余裕があれば、司法試験・予備試験の短答問題を「少し」解いたり覗いたりするのも手です。
 頻出の条文、論証で必要な条文について聞いてくる短答の問題なら、「なぜこの肢は×なのか」等考えるのは、
 かなり有益だと思います。
 ちなみに私は、そこまで手が回りませんでした。
 ただ、網羅的に解きまくってはいけません。時間の無駄です。

 答練についてですが、確かに良問揃いで今年の私は非常に助かったのですが、
 発売時期によっては、論文必須後でもいいのではないかと思います。
 むしろ、そんな時間はありません。
 3月下旬に出てきたとしても、短答対策を優先させたいところです。
 もし2月頃に発売され、少し余裕があるのならばお勧めします。


ここまでを、遅くとも3月までにはやって下さい!!
4月から7月第1日曜日まで、皆様に民法を勉強する時間はありません!!

そして必須が終わった後の3週間は、その前にやっていたことを今一度思い出すことで十分&それしかできないと思います。
3週間で新しいことをやるのは酷に過ぎます。

民法について、ご不明な点がある際には、和田がいる時間で新宿エルタワー本校でご相談承ります。
このブログの話も踏まえて、ちゃんと伝わるようにお話しできればと思います。
できれば、日時をあらかじめご予約いただくと助かります。


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】選択科目との付き合い方・民法編その1

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校<和田>でございます。

さる7月3日(日)と24日(日)、弁理士論文本試験(必須と選択、両方)を受験いたしました。
はい、あの大自然に囲まれた(笑)試験会場です。
【必須科目】
受験された皆様同様、とても難しかったです。
全ての科目で後ろめたい項目落ちの箇所があります。
現場でのミス、直前の詰め不足を今更後悔しても遅いので、
口述対策に進もうと思います。

【選択科目】民法です。
(自分のレベルとしては)難しかったのですが、(過去問と比べると)難しくはなかったのではないか、と思います。
必須同様、民法をしっかり勉強されている方なら合格点がとれるのではないかと感じました。

必須科目についてはLECの先生方にお任せするとして、
来年民法の選択を受験される方に向けて、私が1年弱やってきた民法対策について書いていこうと思います。
選択科目で民法を受験される方、長いですがぜひ参考にしてみて下さい。
ちなみに、選択科目は絶対評価です。
「60点取れれば受かる」と受け止める方もいれば、「60点取らなければ受からない」と受け止める方もいらっしゃると思います。
ちなみに、私は後者です。
いつも論文必須で60点をとるのに苦労しているので(笑)。

【10月~翌2月】
急いで「選択科目民法対策講座」を受講しました。
最初に先生の講義を聞き、その後、最初の復習で宮口先生直伝のラインマーカーでテキストを宮レジ化しました(笑)。
担当する講師はもちろん宮口先生ではありませんので、
これは理由付けだから緑、これは悪い状況だから青、例えば話だから黄色・・・」と自分で考えて色を塗っていきます。

もちろん、復習は最初だけではいけません。
その後、論証集を中心に、電車で読む習慣を付けました。
論証は、本試験の現場で貸与される法文集には載っていません。
ですので、理解した上で覚える必要があります。

【3月~5月】
過去問対策だけでは心もとないと思い、実際に時間を測って解いてみる訓練をしたいと思い、
春から始まる、通信の「選択科目民法対策答練」を受講しました。

LECの弁理士試験の論文答練は、項目ごとに細かく配点されていますので、
極端にひどい、あるいは極端に良過ぎる点数はつきません。
(宮口先生の添削は鬼なので、この限りではありません。いい薬です!
選択科目の答練は、そうではありません。
配点がざっくりです。
ですので、点数は気にしない!できなかったら本試験でできればいい!
を念頭に置くようにしました。
今年の本試験に類似した論点も答練に出ていたこともあり、予想問題として答練は本当に助かりました。

【短答本試験(今年は免除)~論文必須終了後】
選択民法はお休みです。100%必須に集中しました。

【その後3週間】
過去問、その後以前に解いた答練の復習をしました。
この次のブログで書きますが、もっと早くこの時期の密度で取り組めばよかったと反省しております。
「弁理士試験の民法はどのくらいのことを要求してくるのか」という感覚を掴むのは、
早ければ早いにこしたことはありません。


この次に、今年の本試験を踏まえて、反省点と、
来年に向けての私なりに考えた民法学習の大まかなスケジュール及び勉強メニューについてお話しします。
長くなりましたので、記事を改めて書かせていただきます。



新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】宮口聡の夏期特訓講座!今年は「最判」と「条約」をやります。

2017最判道場
宮口聡の最判(最高裁裁判例)道場
どんなに時代が変わっても歴史の勉強が重要なのと同様、知財の判例を勉強することは、知財の歴史を学ぶことに繋がり、とても重要です。最高裁判例の中には、条文と同様の働きをしているものや法改正の原動力になったものが多く存在します。
今年の論文試験では、プロダクトバイプロセス(PBP)クレームについて、最判H27.6.5「プラバスタチン事件」が、昨年の論文試験では、最判S61.7.17「第二次箱尺事件」最判H9.7.1「BBS事件」が出題されました。また、短答試験では、論文試験よりも、もっと多くの最高裁裁判例が出題されています。今や、最高裁判例を知らずして試験に臨むことは、無謀以外の何物でもないでしょう。
そこで、本道場では、短答・論文とも試験での出題可能性のある最高裁裁判例を制覇します。比較的余裕のあるこの時期に、是非とも最高裁裁判例を学びましょう!
実施日時:8月12日(金)10:00~13:00、14:00~17:00、18:00~21:00
受講料:18,000円(税込)

※本講座のレジュメは、昨夏実施しました最判道場のレジュメと一部重複がございます。予めご了承下さい。
※一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできません。

2017条約道場
宮口聡の短答『条約』夏期集中特訓道場
条約は、受験生の誰もが苦手意識を持っています。理由は大きく3つあります。
1つ目は、主要四法を優先して勉強せざるを得ず、条約はどうしても後回しになるため。2つ目は、条約がパリ条約、PCT、TRIPs協定、ジュネーブ改正協定、マドプロ等から成る複合的科目であり、一定のルールに基づいた勉強がしにくく、そのせいもあって条文やテキストの記載から、具体的な出題を想定しにくいため。3つ目に、真面目に勉強したからといって、必ずしもそれに比例して点数が伸びるというわけではない為です。
とはいえ、今年から科目別合格基準(4割以上)が設けられ、条約を「捨て科目」とすることができなくなりました。
今年の本試験の条約問題を見ると、実はあまり深いところまで聞いておらず、勘所を押さえた勉強をしていれば、間違いなく満点が取れるものでした。そこで、その勘所を押さえた、必要充分な「知識」と「テクニック」を身につけるため、インプットとアウトプットを融合させた条約系の道場を実施します。
本道場を通じて条約への苦手意識を払拭してください。
実施日時:8月15日(月)10:00~13:00、14:00~17:00、18:00~21:00
受講料:18,000円(税込)

※一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできません。


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】フランスで活躍する弁理士、竹下先生の講演会「弁理士への道とパリ上陸作戦。そして欧州知財の未来」

新宿宮口クラスから弁理士最終合格を果たし、現在フランスの特許事務所にて
日本国弁理士として活躍する、竹下敦也先生の講演会を実施します。
予約不要・参加無料ですので、ぜひお越し下さい。

2060811竹下先生


竹下先生への弁理士実務家インタビューはこちらからご覧いただけます。

2015年11月に実施しました竹下先生の講演会レポートはこちら

新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】今年の短答本試験やってみました。

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校<和田>でございます。

既報の通り、平成28年度の弁理士短答式筆記試験の合格発表がございました。
合格された皆様、「おめでとうございます」は11月9日までおあずけでございます。
昨年「やっと短答に受かった~♪」と浮かれた挙句、
和田は論文必須・選択ともに落ちました。
今年は昨年の轍を踏まず、平常心で7月3日(日)の本試験に臨みます。

さて、今年の短答試験、現場では受験していないのですが、
問題などが公表された後、論文試験の勉強の合間に解いてみました。
(すみません、四法(特許・実用新案、意匠、商標)だけです。
他は必須と直接関係がないため、割愛させていただきました。)

昨年短答に合格してから、ろくに短答の勉強をやっておらず、
「下手な点数取ったら受験している皆様に怒られる…」と内心びくびくしながらやってみたのですが…
さほど極端に低い点数ではありませんでした。
特許・実用新案:13点 意匠:7点 商標:8点
正直、特実と意匠はもっと点数が欲しいところでした。

昨年の短答合格に向けて、私が実践していた(そしてそれまでやっていなかった)こと、
それは本試験や答練、模試等で間違えた箇所の原因分析です。
具体的に、「なぜ自分は現場で答えを間違えたのか」を、大学ノート等に箇条書きにし、
どの類の間違い(単なるケアレスミスか、知識問題の詰め不足か、理解が甘いのか、など)が多いかを炙り出しました。
年末にその年の短答本試験を通しで解く、年明けからの短答実戦答練に参加することで、
間違いの種類を潰せているかどうか、過程を見ることもできました。

「正解の理由」は、解説冊子や先生の講義で分かります。
しかし「間違えた理由」は、自分自身で分析、追及していかないと明らかになりません。
この「間違えた理由」を明らかにし、1年かけて潰していきました。

LECの学習経験者向けパンフレットの前半に、「安全圏での合格者」と「あと数点で涙を呑んだ人」の、
各問題ごとの正答率(LEC調べ)を折れ線グラフで掲載しています。
ざっと見ると、特実では優先権、特許権侵害の問題、審判関係、商標ではマドプロ特例などが、
合格者と不合格者の差が大きくなっています。
その他の差が広がっている問題、また今年の短答本試験で同様の分野から出題されている問題、
そこができているかどうかも検証してみて下さい。


新宿エルタワー本校でも短答本試験後のご相談を承っておりますが、
来週月曜から1週間、本試験モードに入ります。
「宮口聡の論文サルベージファイナル道場」に参加するため、受験生としてエルタワーにはいますが、
ご相談にのることはできません。
今週、和田は25日(土)は13:00から、26日(日)は11:30からおりますので、
ご相談は今週末にいただければと思います。
宮口先生の個別相談会も、まだ予約枠がございますので、ぜひお越し下さい。



新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】馬場・宮口タッグによる「解法修得」生講義、新宿エルタワーで6月開講!説明会・個別相談会も実施します!

短答解法修得講座、いよいよ開講!

2017年弁理士試験合格を目指す「短答解法修得講座」、6月25日(土)18:00から開講します!

実際の講義を見てみたい方、当日は無料体験受講も可能です。お気軽にお越し下さい。
20160625短答開講

◎講師との個別相談会
【宮口聡LEC専任講師】
 ・6月26日(日)15:00~17:00
 ・6月28日(火)19:00~21:00

【馬場信幸LEC専任講師】
 ・6月17日(金)19:00~21:00
 ・6月25日(土)15:00~17:00

短答本試験後の学習相談会、新宿エルタワー本校で実施します。
来年に向けての悩みをこの機会に宮口先生、馬場先生に解決してもらいましょう!
 
 【ご予約の方法】
 新宿エルタワー本校までお電話いただくか、
 ご来校の際にスタッフまでお問い合わせ下さい。
 お一人様あたりの相談時間は20分、お一人様1枠とさせていただきます。
 延長はできませんのでご了承下さい。
 先着順となりますので、定員に達し次第受付終了といたします。
 あらかじめご了承下さいませ。


tit_tanronshutoku.gif
知識のつながりを重視した合理的アプローチにより、
条文相互の関係性に基づく本質的な理解を得る!

cur_tanron_kaihou.gif
(画像をクリックすると拡大された画面が表示されます)

条文をマクロな視点から俯瞰し、全体像を意識しながら詳細な理解に至る「短答解法修得講座」
◆例外事項をも含めた条文の正確な知識を問う短答試験へのアプローチとして、特に手続法である知財四法については、条文を手続の流れの中で把握するのが合理的です。
◆『短答解法修得講座』では、条文理解の大前提となるこうした手続の流れをおさえた上で条文の詳細学習に入るため、インプットの段階から知識を整理し、合理的に把握することが可能です。
◆更にこれを四法横断で行うことで、より効率的に各法の一致点・相違点を把握でき、本試験で実際にどう問われたかまでおさえる事により、実際に得点を取ることができるところまで導きます。

同じ論点でも、問われ方次第で千変万化する論文試験に完全対応した「論文解法修得講座」
◆理解をしているか否かが○×で問われる短答試験とは異なり、論文試験では、自分が理解していることを自分で表現し、それが試験委員に伝わらなければ得点にはなりません。
◆例えば、同じ条文でも趣旨を問われたのか、要件を問われたのか、あるいは手続系の問われ方をしたのか、侵害系の問われ方をしたのか等々で、それぞれ表現すべき「理解の形」は異なります。
◆そこで『論文解法修得講座』では、この「問われ方」に着目し、それぞれのケースでどういう表現を試験委員が求めているのかを具体的に学ぶことができます。

充実のアウトプット量で、短答得点力と論述力を磨く!
◆本コースには、短答インプット講座・論文インプット講座に加え、充実したアウトプット講座が付属しています。すなわち、短答対策アウトプット講座として『短答実戦答練』、『短答公開模試』が、さらに、論文対策アウトプット講座として『論文集中答練』、『論文実戦答練』が標準装備されています。
◆この圧倒的な短答・論文アウトプットにより、知識の定着を万全にすることができます!

受験生の皆さんへ!馬場 信幸 講師からのMessage
<「短答解法習得講座」担当講師>

私の担当する短答解法修得講座では、条文へのアプローチ方法として、「条文の全体像を理解したうえで細かな要件に入っていく方法」を採ります。それにより、理解が早く、知識を数珠つなぎにできるメリットがあります。仮に、本試験で条文を忘れたとしても、その数珠つなぎとなった知識をたどることによって、正解を導き出すことが可能となります。
今年の短答解法修得講座では、上記の基本的な学習方法に加えて過去問を題材に講義を進めていきます。すなわち、過去問で問われている「解法」をしっかり学習することで、より確実な短答試験突破を目指します。
また、下三法についても、条文自体の勉強に加えて「そもそも、どのように考えれば条約は解けるのか?」という考え方を理解することで、確実に正解を導き出せる力を身につけていきます。
本講座を通して、条文の根底にある考え方を理解することで、短答試験に合格できるだけでなく、論文試験の合格に繋がる力もつくものと確信しています!
「短答解法習得講座」のテキストサンプルはこちらです。

「短答解法習得講座」について、馬場先生が動画で説明しております。併せてご覧下さい!


受験生の皆さんへ!宮口 聡 講師からのMessage
<「論文解法習得講座」担当講師>

論文試験の合格率は約25%です。
「なんだ、4分の1に入れば受かるんだー。大したことないなー。」というのは、性急過ぎます。短答試験に合格している人の中での戦いであることを忘れてはいけません。では、どういったタイプの受験生が合格するのか。
それは、Uターンせずに読み進めることができる端的な答案を書ける人です。
では、具体的にはどうすればよいか。
私の講座をとってください。とっていただいた方には惜しみなく伝授します。
少しヒントを教えましょう。
例えば、レストランのアラカルト料理を思い浮かべてください。アラカルトのそれぞれが実際に美味しくても、お皿に盛られた様子が雑然としていたのでは、全然美味しくなさそうに見えますよね。論文と言うのは、それと同じです。ただテクニカルメリット(知識、題意把握力)を教えるだけでなく、アーティスティックインプレッション(流れ、バランス、アピール度)をも意識した論文指導を行い、誰が採点しても良い点が付くレベルを目指します。
「論文解法習得講座」のテキストサンプルはこちらです。

「論文解法習得講座」について、宮口先生が動画で説明しております。併せてご覧下さい!


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】いよいよ論文直前期!新宿エルタワー本校は論文受験生を全力バックアップ!

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校の<和田>でございます。
あと1ヵ月弱で論文本試験。受験生の皆様、対策の進み具合はいかがでしょうか。

論文直前期の講座、道場についてご紹介いたします!

2016論文ヤマゴロ
宮口聡の論文ヤマゴロ講座2016・条約特訓PLUS
「ゴロ合わせ」と「テクニック」を駆使する宮口先生による論文超直前Web講義!
2014年ver.では、本講座で取り扱った「先使用権(特79条)」や「インクタンク事件」が的中しました。
今回は、最近論文でも出題されている条約絡みの問題もバッチリ対策します!
特に「短答に合格したはいいけれど、論文の対策がまだまだ不十分だ・・・」という方、
残り40日間のインプット講義として、ぜひご利用下さい。

宮口先生によるプロモーション動画もございます。併せてご覧下さい!


20160514論文悪あがき
宮口聡の論文最後の悪あがき道場
「論文本試験で最終確認するレジュメ」の決定版ともいえる本道場。
講義内では「小事例」を数多くこなすことで、多くの論点を網羅し、穴をなくすことができます。
昨年、一昨年と、論文本試験のトレンドとなりつつある「ジャブで繰り出す一行問題」にも対応!
覚えておくべき事項、コンパクトな書き方の最終確認をぜひこの道場で!


20160514論文サルベージ
宮口聡の論文サルベージファイナル道場
なんとこの道場、論文最後の一週間に実施します。
朝の10:00から答練で論文を書き、17:00まで講義を聞く。まさに論文本試験に体のリズムを合わせるためにあります。
道場のあとは受講生のための自習室を設け、その日の復習がその日のうちに可能です。
「論文サルベージゼミ」でおなじみの全50問収録の特製テキストもつき、本番までの問題演習も万全!


論文過去問口述アドヴァンス
年度別論文過去問
口述アドヴァンス

論文直前期、多くの合格者が実践した答案構成の材料として、論文過去問は最適の教材です。
論文に頻出している趣旨問題対策、ひいてはその先の口述試験対策に、
「口述アドヴァンス」がおすすめです!
いずれも新宿エルタワー本校にて販売、在庫もまだございます!



新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】今年もやります、大宮口祭り!

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校<和田>でございます。

毎年6月、LEC新宿エルタワー本校で開催されます弁理士宮口クラス交流会「大宮口祭り」
今年は例年より日程を前倒しし、6月4日(土)19:15より1次会開始です!
宮口祭り2016

<参加対象の方>
・2017年合格目標宮口クラスの皆様
 (通学・通信は問いません)
・2016年の合格を目指す、過去に宮口先生の講義を受講していた皆様
 (もちろんこちらも通学・通信は問いません)
・宮口先生の講義を聞いて合格されたOB・OGの方
 (くどいですが、通学・通信は問いません)


【交流会(一次会)】
<日時> 2016年6月4日(土) 19:15~21:00
18:45開場(クロークの混雑が予想されますので、お早めにお越しください。)
<場所> LEC新宿エルタワー本校(新宿エルタワー18階)1810教室
<金額> 1000円

【二次会】
<日時> 同日21:30~23:30
<場所> 東京魚河岸バル 吉今 新宿西口本店
http://s.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13161163/
<金額> 4000円程度

会費につきましては、一次会は一次会受付にて、二次会は二次会会場にて
開宴前に頂戴致しますので、ご協力の程宜しくお願い致します。

<参加希望の方>
LEC新宿エルタワー本校にて参加希望のお申込を承ります。
ご来校の際、又はお電話(03-5325-6001)でスタッフにお申出下さい。
一次会のキャンセルは前日までにご連絡下さい。

尚、誠に勝手ではございますが、予約の関係上、
「二次会につきましては、5月28日(土)締切」とさせて頂き、
それ以降の二次会へのご参加申し込み、およびキャンセルのご連絡は
極力ご遠慮下さいますよう、何卒宜しくお願い申し上げます。


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】2017年合格目標宮口クラス、ついに開講!学習を始めるなら5月がチャンスです!

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校<和田>でございます。

2017年4月30日(土)、2017年合格目標・宮口クラス入門講座<全体構造編>が開講しました!
当日は多くの方にご来校いただき、早くも白熱した講義が展開されていました。
20160430開講写真
新宿宮口クラスは、まだまだ後追いで開講日がございます!
当日は無料体験受講が可能ですので、お気軽にお越し下さい。
・入門講座 全体構造編
 5月29日(日)10:00~13:00(ビデオ講義)
・入門講座 特許法・実用新案法 第1回
 5月29日(日)14:00~13:00(ビデオ講義)


2017年目標宮口クラス5月

新宿エルタワー本校では、5月もビデオガイダンスを実施いたします。
・5月11日(水)19:30~21:00
法律知識ゼロから弁理士試験に挑戦!
・5月27日(金)19:30~21:00
仕事も年収も勉強方法も一挙公開!

いずれも宮口講師によるビデオガイダンスですが、
宮口先生本人とお会いする確率はかなり高いです!

開講に先立ち、宮口先生からメッセージをいただきました!




【LECが誇る弁理士講座「1年合格ベーシックコース」とは?】

2017Mbasic_cur.jpg

2017Moutput_cur.jpg

Point1:実績の3回転学習法
入門講座⇒論文基礎力完成講座⇒短答基礎力完成講座というステップを踏むことで、試験突破に欠かせない主要科目4法(特許法、実用新案法、意匠法、商標法)を3回転させることができます。

Point2:知識の体系化を一番に考えたカリキュラム
1年合格ベーシックコースでは、入門講座後に論文対策を行います。入門講座を終えた段階では、初めて勉強したことばかりであり、知識が断片的になりがちです。弁理士試験は、ただ単に暗記・記憶すれば合格できる試験ではありません。また、覚えることも多岐に亘ります。そこで、必要になってくるのが、「知識の体系化」です。つまり、各々の制度や原理・原則( 知識)を関連付けて、知識を点としてではなく、線あるいは面として捉えることです。これを実現させるために、あえて、入門講座後に論文講座を実施することにより、入門講座の段階で学習した基本事項や原則を論文学習により体系化するカリキュラムを採用しているのです。このように、早期の論文対策によって「知識の体系化」を図ることにより、論文対策を行いながら、短答試験合格に必要な知識を定着させ、早期合格が可能となります。これはLECオリジナルのカリキュラムです。

Point3:レベルアップ学習法
初・中級講座である入門講座・論文基礎力完成講座・短答基礎力完成講座が含まれる1年合格ベーシックコース終了後に、上級講座である、論文合格答案講座、論文合格答練、短答実戦答練、短答公開模試、論文直前答練、論文公開模試のアウトプット完成コースに進んでいただきます。このように、基本的学力をしっかり身につけてから応用的な実戦力を身につけるという段階的なレベルアップ学習方式を採用しており、確実に合格レベルまで導きます。

※アウトプット完成コースに含まれる各答練の解説講義は、1年合格ベーシックコースを担当する講師のうち、いずれか1名の講師が担当いたします。
※論文合格答案講座は通信のみの実施となります。



【新宿エルタワー本校生講義を担当する宮口講師とは?】

こちらは、今年の4月に開講しました、2016年目標の<新宿宮口クラス>の開講に向けた
宮口講師のプロモーション動画です。
元気が欲しい方、ぜひこの動画を今日の活力、明日の活力にして下さい。
※ティータイムの間にご覧になる方、お手持ちの飲料にお気をつけ下さい!



LEC弁理士ホームページでのインタビュー記事はコチラ

当ブログで紹介した記事をご覧になる際はコチラ

【新宿エルタワー本校で開講する「宮口クラス」とは?】

まずは国内最大級の生講義クラス。
こちらは過去に行われた入門講座<全体構造編>第1回の様子です。
宮口クラスは毎年多くの受講生の方々にお越しいただき、また多くの一発合格者を輩出しております。
宮口聡 15年向け特実開講!

また、宮口クラスは、今年初回受験での合格者を多数輩出!
2015年11月25日に行われた合格祝賀会には、多くの合格者の方々にお越し下さいました。
20151125宮口クラス集合

宮口クラス出身の、一発合格者の方の声をいただきました。

平成27年度弁理士試験一発合格者 最年少合格 日置結花さん
(受験時19歳、慶応義塾大学理工学部応用化学科在学)

<LECの講座・テキスト・講師について>

入門講座が進むと並行して論文の講座が始まり、その後、短答の講座が始まります。早くから論文の勉強を行うことで、論文試験のイメージができました。講義もテキストも内容が充実していて、良く組まれたカリキュラムでした。
宮口先生の講義はとてもパワフルで、やる気を起こさせるのがとても上手い方です。講義の度に「宮口先生についていって、絶対に短期合格をしよう!」とポジティブになれました。私は法律の知識が全くなく、ましてや特許事務所のことも何も知りませんでした。けれども、受験において必要な知識は、実務経験も豊富な宮口先生から教わることができました。
宮口先生の「蛍光ペン学習法」は復習がしやすく、色分けが法律の理解の手助けになり、オリジナリティあふれる「ゴロ」の数々もとても役に立ちました。講義で使うテキストは書いてあることや講義中のマーカーを条文集に書き込むだけで知識が身につきました。答練は過去問に加えLEC独自の創作問題がバランスよく織り交ぜられており、必要な知識を体系的に学ぶことができました。これらを復習することで実際の試験のリハーサルとなると同時に、良い教材になりました。宮口先生に初めてお会いした際に、「最年少合格を目指そう!」と励ましていただき、一発合格を目指すと心に決めました。
最後まで諦めなくてよかったと思います。そして、この1年半、私を励まし応援してくれた、先生やLECのスタッフの方々、家族、友人、勉強会の仲間に深く感謝しています。

平成27年度弁理士試験一発合格者 中村恒幸さん
前職は中学校・高校の教員をしていました。教える仕事はとても楽しかったのですが、博士課程あで学んだ技術に対する知識を活かせる仕事をしてみたいと考えました。弁理士は、理系と文系両方の知識が活かせる点が魅力だと思いました。
弁理士試験の勉強には予備校に通う必要があると思い、インターネットで検索したところ、同じ慶應義塾大学出身で理系である宮口先生に惹かれました。早速、新宿エルタワー本校にいってビデオガイダンスを見ていたところ、後ろから宮口先生ご本人が登場してびっくりしました。ガイダンスのお話も分かりやすかったですが、早速私の話を親身に聞いてくださって、この先生についていこうと思いました。宮口先生はどの講座でも講義中に当てて下さるので、緊張感があり、また答えられなかったときはとても悔しくにどとその答えを忘れることはありませんでした。
今振り返ってみると、弁理士試験の勉強がとても楽しかったということが一番です。宮口先生の明るさや、一緒に勉強を始めて同じく一発で合格した勉強仲間にも本当に感謝しています。弁理士試験は決して簡単な試験ではありません。しかし、信頼できる仲間と共に、信頼できる先生についていけば必ず合格します。絶対に合格する!という強い気持ちをもって頑張って下さい。

平成27年度弁理士試験一発合格者 町田結美子さん
以前、宇宙関係の機関に勤務していたときの体験で深く感銘を受ける事があり、その最前線の現場で自ら専門性を持って関わる為の突破口が開ければと思い、弁理士試験の受験を決めました。弁理士試験は理系の最高峰という認識を持っていたため、短期間で合格するためには、初めに確実に合格につながっているレールを見極める必要がありました。そこで、合格者を多く輩出している実績があるLECでの受講を決めました。
「1年合格ベーシックコース」では、各法域の内容や各段階の試験対策が網羅されている点が良かったです。毎回の講義がペースメーカーとない、今何をすべきか悩む必要がなく、非常に効率的でした。また、宮口先生の講義は一方的なインプットではなく、頻繁に指名されて問題が出題されるため、講義はいつも緊張感をもって臨むことができ、他の人の答える様子を見て、自分の理解度を確認し勉強することもできました。また、先生方は親切で質問に行くと、こちらが混乱している内容を的確に汲み取り、はっきりと回答してくださり安心感がありました。
LECには様々な仕事を持ちながら、あるいは学業と両立しながら、さらに意欲的に勉強に向かう人が多くいらっしゃいますので、きっと一緒に頑張っていける仲間がみつかると思います。

宮口講師と、2015年合格者の町田さんとの対談です。ぜひご覧ください。


<新宿宮口クラス2017>についての情報は、当ブログでも随時更新していきます。
引き続きご覧下さい!


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】2016年向け論文本試験・直前期の準備を、ぜひ新宿エルタワー本校で!4月16日(土)と4月23日(土)に特別公開講座実施します!

皆様こんにちは。
LEC新宿エルタワー本校<和田>でございます。

今年の最終合格を目指す方のための特別公開講座を実施します。
4月は二本立て!

緊急開催!平成28年審査基準改訂!試験で狙われるならここ!
4月16日(土)18:00~19:30
講師:馬場 信幸 LEC専任講師

判例きっかけの審査基準改定が、今年の弁理士試験に及ぼす影響について、
馬場講師がお伝えします。
予約不要・参加無料ですので、短答受験者の方も論文受験者の方もぜひお越し下さい!
馬場先生のブログでも、ご紹介いただいております!

論文本試験2ヶ月前にできておくべきこと
~合否を分ける分水嶺とは~
4月23日(土)15:00~16:30
講師:佐藤 卓也 LEC専任講師

年々出題内容の変化する論文本試験。
どう対応すればいいのか、本試験までに準備すべきことを、
佐藤講師が収録無し(つまりココでしか聞けません!)でお伝えいたします。
予約不要・参加無料ですので、お気軽にお越し下さいませ!


平成28年度弁理士試験の受験願書・受験案内が、新宿エルタワー本校に到着いたしました。
2016弁理士試験願書_1
インターネットで請求もできますが、新宿エルタワー本校でも願書をお渡しすることができます。
ご来校の際、受付でスタッフにお申し付け下さい。

2016年合格目標の論文直前パンフレットが新宿エルタワー本校に納品されました。
論文直前パンフ

「論文上級答練ベースアップPLUS」で、過去に新宿で実施いたしました、
◎論文得点力ベースアップ講座の[判例編][審査基準編]も、単発発売を開始しました。
判例や審査基準を、コンパクトに、かつ正確に書けるようになるため、ぜひご活用下さい。
新宿エルタワー本校には、レジュメの在庫がいくつかありますので、
すぐにお渡しすることが可能です。

今年の論文試験までの「どれを受講すべきか」という相談も承ります。
「和田は何を受講するのか聞きたい」でも構いません。
お気軽に新宿エルタワー本校までお越し下さいませ。

論文過去問
年度別論文過去問(平成21年~平成27年分)が、新宿エルタワー本校に納品されました!
今回はLECの主力講師陣による模範答案も収録されております!
過去問対策で「法改正に対応した最新の問題集が欲しい!」方、
現時点で在庫はまだまだありますので、すぐにお渡しできます!

新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】直前期の暗記負担もこれで軽減!「馬場信幸の『短答の掟』道場」

新宿エルタワー本校で毎週日曜に開講しております「Lゼミ秋生馬場クラス」「短答弱点克服ゼミ」。
担当する馬場先生が、最後の追い込みに『短答の掟』を伝授します。

「馬場信幸の『短答の掟』道場」
4月28日(木)18:30~21:30
5月2日(月)18:30~21:30

2016短答の掟
馬場先生といえば、「短答対策においても暗記を極力排除する」指導。
今回、直前期に多くの受験生(昨年の和田もそうでした)が取り組む「民訴の準用」「色違い類似商標」「防護標章」「TRIPS協定」「著作隣接権」などを「マイナー必須項目」とし、これらの基本となる考え方を本道場でお伝えします。
「知っていたら解ける、知らなかったら解けない」ではなく、「掟」をしっかり理解することで、直前期の暗記負担を軽減します。

馬場先生は、ブログやTwitterでも頻繁に情報を発信しています。ぜひご欄下さい!
今日も重馬場~弁理士馬場信幸のブログ~
馬場先生のTwitterアカウントはこちら

「馬場信幸の『短答の掟』道場」
受講料:13,200円(MA16721)

※本道場には、一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできません。予めご了承下さい。


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】何が何でも短答合格!GWは「宮口聡の短答最後の悪あがきシリーズ」で決める!

毎年、短答試験直前対策として最後の砦となります「宮口聡の短答最後の悪あがきシリーズ」。
今年も以下の日程で実施いたします!
下に筆者の和田の短答合格(不合格も含めて)体験記を交えて、道場を紹介します!!
「上四法高速300枝+質問道場」
4月29日(金・祝)10:00~13:00、14:00~17:00
4月30日(土)10:00~13:00


「下三法高速300枝+質問道場」
5月3日(火・祝)10:00~13:00、14:00~17:00
5月4日(水・祝)10:00~13:00


「宮口聡の短答弱点対策詰め合わせパック道場」
5月4日(火・祝)14:00~17:00
5月5日(木・祝)10:00~13:00、14:00~17:00


2016悪あがき四法
ここ数年の短答試験における「いくつあるか問題」増加。今後も続くと思われます。
得点源にすべき上四法で、確実に点を取るべく、3日間に亘って100枝×3コマ=300枝を迅速・的確に解いていく道場です。
四法を高得点で短答合格できれば、論文合格も目の前だと思います。
ちなみに…筆者の和田は、2014年、この上四法で失敗し、その年の短答で涙を呑みました。
(2014年に落ちたとき、特実:10点、意匠:7点、商標:5点、条約:6点、不著:6点)
下三法が及第点だったこともあり、「四法の追い込みをしっかりやっていれば…」と、6月は反省しきりでした。

「上四法高速300枝+質問道場」
受講料:20,000円(MA16718)

※本道場には、一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできません。予めご了承下さい。
2016悪あがき下三法
多くの条文が追加された不正競争防止法。易問と難問の差が激しい著作権法。
そして何より、基準点追加で多くの受験生が戦々恐々としている条約。
これらの「絶対に落とせない問題」「合否を分ける問題」「過去問だけではカバーできない予想問題」
「宮口先生のヤマ当て」などが詰まった300問を演習します。
ちなみに…宮口先生は昨年、国際出願法の出題箇所を当てました!!ウソなしです。
和田も、「国願法は1問絶対出る!」と思い、直前にまとまった時間を使って勉強し、昨年の1点に繋げました。
国願法、今年も出ると個人的に思います。

「下三法高速300枝+質問道場」
受講料:20,000円(MA16719)

※本道場には、一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできません。予めご了承下さい。
2016弱点対策詰め合わせ
受験生にとって弱点となりやすい、審判系(審判、異議申立、審決取消訴訟、再審)、特例(PCT、マドプロ、ジュネーブ)、法改正(H26、H27)。ここを集中的に押さえていく道場です。
特実では、上に挙げた審判系だけでもおよそ10点出てきます。
実は本日も、受験生の方から「審判どうしよう…」とご相談をいただきました。
本試験当日、会場に持っていくレジュメの中に、「弱点対策詰め合わせ」あると便利かと思います。
私も、昨年の本試験は、四法対照条文集と、昨年の本道場に該当する「異判再訴改正法道場」のレジュメを持っていき、
当日の確認用にしておりました。

「宮口聡の短答弱点対策詰め合わせパック道場」
受講料:20,000円(MA16720)

※本道場には、一切の割引制度・各種eクーポン・GOGOポイントの使用はできません。予めご了承下さい。


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001

【#弁理士】多くの合格者を輩出した「宮口聡の論文サルベージゼミ」!説明会を3月20日(日)に実施します!

短答・論文直前期に実施し、圧倒的な演習量で受験生を合格レベルに「引き上げる」、
「宮口聡の論文サルベージゼミ」、今年も実施します!
4月のみに実施するこの論文ゼミが、受験生の何を変えるのか!?
ゼミの秘密に迫る説明会を、下記の日程で実施します。
「宮口聡の論文サルベージゼミ」説明会
3月20日(日)11:00~12:00

予約不要・参加無料ですので、ぜひお越し下さい!

※新宿エルタワー本校では、先日のゼミ説明会の様子を収録したDVDがご覧いただけます!
見逃した方でどんなゼミか検討されている方、ぜひ新宿エルタワー本校までご一報下さい!

2016サルベージゼミ
・短答試験を控えてはいるが、まだまだ論文を頑張りたい方
「3月までは短答・論文並行、4月からは短答に専念」、正に正論・王道といえます。
しかしその中で、「もう少し論文の問題に当たりたい!」という方もいらっしゃるはず。
直前期に演習量を増やし、勉強の勢い、ペースが飛躍的に高まります。
本ゼミを過去受講された方の多くが、短答・論文・口述と一気に合格を遂げています。

・昨年短答に合格しているので、論文合格を確実にしたい方
・短答免除は今年が最後なので、何が何でも今年合格する方
短答免除がある方にとっては、正にうってつけのゼミといえます。
伝統の「サルベージテキスト」、宮口先生による「論文過去問添削」など、
サルベージゼミでの教材以外にも問題演習の材料がふんだんに盛り込まれております。
短答を今年上位で合格する方は、その年に最終合格する可能性が高いです(LEC調べ)。
難関の短答試験を突破する精鋭が集う論文試験に合格するために、ぜひ本ゼミをご活用下さい。

なお、このゼミの解説・討論部分ですが、収録したうえで、欠席Webフォローがついております。
講義日から2週間、MyページよりWeb講義としてご覧いただけます。

宮口聡の論文サルベージゼミ
受講料:65,000円(MA16484)

※本ゼミのお申込には、GOGOポイントを含め一切の割引が使用できません。予めご了承下さい。


新宿エルタワー本校ブログトップへ

~LEC新宿の最新情報はこちら~
本校ホームページ
Facebookページ
Twitter
公務員ブログ


eMAIL slt@lec-jp.com  TEL 03-5325-6001
プロフィール

LEC新宿エルタワー本校

Author:LEC新宿エルタワー本校
LEC新宿エルタワー本校

〒163-1518
新宿区西新宿1-6-1
新宿エルタワー(受付18階)

JR線新宿駅西口より徒歩3分。
西口地下街を直進(右手に小田急エース北館)、つきあたり(スバルビル)を右に曲がる。エスカレーターで2階エレベータホールへ。
B12-21エレベーターを利用。
TEL:03-5325-6001

200_100_公式バナー

カテゴリ
オススメです!
LEC新宿エルタワー本校公務員情報ブログ サイドバナー LEC新宿エルタワー本校Twitter サイドバナー LEC新宿エルタワー本校Facebook サイドバナー 司法試験・行政書士応援ブログ サイドバナー 2017年3月宮口クラスガイダンス サイドバナー 森山クラス3月ガイダンス予定 全日制3月ガイダンス予定 行政書士3月ガイダンス予定 社労士2018年合格目標コース サイドバナー 2017年3月診断士ガイダンス予定 司法試験 サイドバナー 黒沢レオ発!行政書士プラクティス サイドバナー 司法書士森山和正三省堂 サイドバナー 森山和正ケータイ司法書士
Twitter
最新記事
検索フォーム
リンク
FC2カウンタ
QRコード
QR